トイレの配管つまりと水漏れを予防する方法

トイレは人々が生活するうえで欠かすことができない設備です。一般住居であれば家族全員が1つのトイレを共同使用するので、毎日何十回と利用することからトラブルも起こりやすいものです。配管つまりや水洗タンクからの水漏れ等は、どのご家庭でも一度は経験されているのではないでしょうか。この2つのトラブルは日頃からトイレを使用する時に注意すれば避けられる問題です。

配管つまりが起こる原因は異物が排水口または配管内に蓄積されて、水を塞き止めることで起こります。この問題を起こさないようにするには、一度に大量のペーパーを流さないようにすることが大切です。また、昨今はペットのトイレ用砂を流すことも配管つまりを助長させているので極力避けるのが賢明といえます。ペーパーの場合は水に溶けやすいものも販売されているので、これを用いるのも一つの手です。

水洗タンクからの水漏れというのは、水洗レバーを引いていないのに便器から水が出ている状態のことを指します。この問題が起こるのは、タンク内の水量が多いことで排水口から水が漏れ出ているからです。水洗タンク内には1.5~2L分の水を溜められますが、それ以上になると水圧が掛かり過ぎて水漏れが起きます。水量を減らすには、タンクの下にある給水栓のバルブを回して調整するだけなので簡単に対処できます。

配管つまりや水漏れは起こりやすい問題ではあるものの、予防をすることもできる事象でもあります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*