トイレのつまりや水漏れは早めに対策を

トイレットペーパーを一度に多く使いすぎると、奥でつまりやすいです。トイレットペーパーは水に溶けやすい性質があります。普通の紙とは違い、水に浸かる事で自然と粉々になっていきます。ただ、それでもトイレ掃除をした後など、たくさんの量を流すと、つまりやすく、水が正しく流れません。

つまりの症状が出た時は、まずラバーカップを使いましょう。一般的なつまりのトラブルであれば、ラバーカップを何度か使う事で改善します。プレッシャーをかける事で、つまりの原因である大量のトイレットペーパーを上手く押し出せます。一見すると同じように見えるトイレットペーパーとティッシュペーパーですが、実は素材や性質が微妙に異なるので要注意です。

ティッシュペーパーの素材によっては水に溶けにくく、少量でも奥に溜まってしまう事があります。家の便器は耐久性に優れた物ですが、自然災害に見舞われると、便器にひび割れが起きる事があります。ひび割れが起きたまま、便器を使用すると、そこから水漏れが起きかねません。タンクが地震の揺れや水害などで破損した場合も、水漏れのリスクが大です。

実際に使用して水漏れが起きてしまえば、個室の床やドアや壁紙なども汚れてしまいます。そのため、便器のキズやタンクの破損に気づいた時点で念のため専門業者に相談しておきましょう。軽いトラブルの間に補修してもらえば、水漏れのリスクを丸々回避出来ますし、プロに点検してもらえば安心です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*