蛇口の水漏れ修理を自分でおこなう時の手順

水回り設備があるところには、必ず蛇口が備わっています。字のごとく、蛇のように細長くて自在に左右に動かせることからこの名前がついていますが、動かせるからこそトラブルも発生しやすいのが特徴です。蛇口の根元から水漏れが起きたという経験をした方は大勢いらっしゃるでしょう。根元には水栓パッキンが備わっていて、左右に動かすことで金属が食い込み、亀裂を生じてしまします。

この亀裂部分から水が漏れているという訳です。蛇口は動くものという使用前提があるので、水漏れを恐れて動かさないというのは利便性にも欠けてしまいます。常に水に触れるのがパッキンでもあり、自然と劣化しするものです。水漏れが起きたのなら修理をすればいいだけのことであり、部品を揃えて手順通りにおこなえばどなたでも簡単に直すことができます。

修理をする時に必要な部品は「パッキン」のみで、あとはプライヤーという道具を使って取り替え作業をします。水道修理の場合、給水栓を止めるのが基本です。その後水栓器具から蛇口を取り外しますが、プライヤーでナットを緩める時はしっかりと水栓器具本体を手で持って反時計回りに回します。片手でおこなうと水栓器具に余計な力が加わって破損する恐れがあります。

蛇口が取れたら根元部分についている古いパッキンを新しいものに取り換えて、取り外した時とは逆の手順で取り付けたら完成です。給水栓を緩めて水を出し、水漏れが止まっているのかを確認しましょう。大阪のトイレの水漏れのことならこちら

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*