蛇口の水漏れ修理を自分でおこなう時の費用について

住居だけでなく、会社や学校などでも1日に何十回と使用する水回り設備は不具合が起こりやすいものです。特に蛇口部分は可動式となっているので、水栓器具とつながっている根元部分の劣化が顕著にあらわれるところです。どのご家庭でも1度は蛇口の根元部分から水漏れが起きるという現象を体験されているのではないでしょうか。この水漏れは根元に備わっているパッキンが劣化することで起こるものです。

水漏れが起きた時は専門会社に依頼をして修理するのが的確ですが、1回の修理で掛かる費用は約1万円と決して安いといえる金額ではありません。専門会社に修理を依頼する場合、部品代以外に工賃と出張料が発生します。このうち専門技術を有したスタッフが修理をするので工賃が高くなりがちです。水漏れは頻発しやすいトラブルでもあり、そのたびに専門会社に依頼をするよりもご自身で対処した方が安い費用で直せます。

DIYでおこなう場合に掛かる費用は2000円程度で、既に工具類を持っている場合であれば300円で済ませることも可能です。この300円とは水漏れを直すための部品代になります。蛇口の場合、水栓器具との間に「16水栓パッキン」というものが備わってます。これを新しいものに取り換えれば不具合を直せるという訳です。

蛇口をプライヤーという工具を用いて取り外しますが、水栓器具本体を取り外す訳ではないので給水栓を閉める必要もなく簡単に取り換えができます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*