蛇口以外からの水漏れ修理をするにあたって

キッチンの蛇口以外からの水漏れ修理内容の1つで、止水栓の接続部分から水漏れをしている場合があります。蛇口本体ではないパターンです。蛇口本体と違い、気がつきにくいのが特徴で溢れてきた時に初めて気がつく事が多い修理内容です。木で例えていうなら、根っこの部分からの水漏れと考えるとイメージがしやすいです。

原因として考えられるのは2つです。1つはパッキンの経年劣化が原因で起きます。パッキン交換をすると良いです。もう1つの原因はナットの緩みです。

強い締め付けと振動による摩耗で隙間ができた事によって緩みます。ナットを締め直す事で水漏れは解決するので実践してみてください。水道の修理交換の際には必ず止水栓を止めなければなりません。これは、水漏れの修理全てに対して言えることです。

あらかじめ止水栓を止めておく事で急な水の吹き出しを防ぐ事ができます。止水栓はマイナスドライバーを使用しなければならないものだけでなくて、手で回して締める事ができるものもあります。自分の目で止水栓の形状を確認しておけば、いざという時に自力で対処する事ができます。止水栓の場所はキッチンの流しなら下の収納スペースです。

トイレはタンクの横にある配管に止水栓が付いています。付近を探せば止水栓は見つかるのですが、まれに止水栓が見つからない場合があります。その場合は元栓を閉めると良いです。一戸建てなのかマンションかで元栓がある場所が違うので事前に把握しておきましょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*