Skip to content

勤怠管理の大変さと解決策とは

人が働く目的は色々ありますが、自分自身や家族の生計を成り立たせるために収入を得ることも非常に重要な目的になります。その為に自分が働いた労働に対して正当な評価がされてどの従業員にも公平性を持って給料が支払われることが大切なことになります。勤怠管理がきちんと行われていないことで給料の支払いが公平性を欠いてしまえば、従業員のモチベーションを落としてしまう原因にもなってしまいます。安定した会社経営のためには従業員の働きが欠かせません。

その観点からも勤怠管理のは重要なのです。ITシステムが発達した現代社会においては、さまざまな分野でそれらのシステムは活躍しています。しかしながら、現状としてはまだ7割以上の企業が髪の出勤簿やタイムカードを利用して勤怠管理を行っている現状があり、管理を担当している従業員を悩ませている場合も少なくありません。紙ベースの管理にはどのような問題や手間があるのでしょうか。

紙ベースの管理の問題点としては、記入が面倒、修正が大変などの問題をはじめ、そもそもの信憑性に疑問を感じる事や、勤務時間や状況を把握しにくい点も挙げられます。また、毎月増えていく紙の書類はその保管も大変ですし、過去の情報を振り返ることにも手間がかかります。また、一人一人の従業員の出退勤時間や休憩時間、休日や有休の消化、残業の管理など煩雑な業務をミスなく紙ベースの書類から一つ一つチェックする事は非常に手間がかかり、人件費もかかる原因となっています。勤怠システムを導入する事でこれらの問題は解決されます。

パソコンで一括管理ができるために業務の効率化も図れます。従業員の不正の予防や状況把握、修正が簡単なメリットもあります。また、サービス残業や休日の未消化など、職員の勤務状況がリアルタイムで把握できるためにコンプライアンス対応としてもその効果が期待できます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です