Skip to content

未払いの残業代の請求を弁護士に依頼するメリット

未払いの残業代の請求を弁護士に依頼するメリットとしては、次のような点が挙げられます。まずは会社側に本気度を伝えることが出来る点です。個人で会社に未払いの残業代の支払いを求めても、曖昧な対応ではぐらかされたりするケースが多いですが、弁護士名義で内容証明郵便を送付しただけでも会社側の対応が急に変わることがほとんどです。次に負担を軽減することが出来ます。

一人で請求のための証拠集めや交渉、必要書類等の準備を進めることは、非常に多くの手間と心身共の負担が伴います。特に新しい職場を探して転職活動も並行して行っている場合には、自分の仕事探しの方に支障が出てしまいかねません。そのため、最初から弁護士に全てを任せてしまい自分自身は再就職に専念した方が、今後に向けてスムーズに再出発をしやすくなります。そして、早期解決を期待することが出来る点です。

未払いの残業代の請求手続きは、豊富な交渉経験と法律に関する専門知識を持っている弁護士が本腰を入れて取り組めば、ほとんどの場合スピード解決を見込むことが出来ます。もちろん、請求できるケースでの立証のしやすさや会社の対応などもありますが、個人で行うよりもはるかに短期間での解決を期待できるでしょう。最後に法的に対処する選択肢も選ぶことが出来る点です。仮に請求に会社が応じなかったとしても、法的に訴訟を起こしたり、労働審判を行ったりすることも可能になります。

未払いの残業代の請求を弁護士に依頼した場合には、このようなメリットがあります。人事評価のことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です