Skip to content

タイムカードによる勤怠管理のメリットとデメリット

タイムカードによる勤怠管理は、コストをかけずに手軽に導入できるということがメリットでしょう。また、昔からある勤怠管理の方法なので、使い方がわからないという人はほとんどいないでしょう。使い方がわからなくても、基本的にはタイムレコーダーに指すだけですので、すぐに覚えられます。タイムレコーダーは安いものならば数千円で売っているので、導入のためのコストはほとんどかかりません。

また、パソコンやインターネットに接続している環境も必要ないので、小さなタイムレコーダーを置いておける場所さえあれば、どこにでも設置できます。重さや大きさも片手で持てる程度のものですので、持ち運びも簡単です。10人~20人程度のアルバイトを雇いたい場合などには、低コストで手軽に導入できるタイムカードがおすすめです。月に一度の給料計算の時に人件費がかかるという意見がありますが、10人~20人程度ならば、集計にそれほど時間はかからないでしょう。

デメリットとしては、100人規模の会社にもなると、集計がそれなりに大変になってしまうということがあげられます。人件費がかかりますし、人間の手による計算なのでどうしてもミスが出てしまいます。また、他人がタイムカードを指すことも比較的容易なので、不正がしやすいということもデメリットとなります。残業代の未払いのトラブルは頻繁に起きていますが、必ずしも企業側が悪ではなく、労働者側が不正をしているというケースもあります。

タイムカードの需要はまだまだ無くなりませんが、今後は勤怠管理システムのほうが主流になっていくと予想されています。勤怠管理のツールのことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です